タイの自動車生産

タイ工業連盟(FTI)がまとめた2013年1月の自動車生産台数は、
前年同月比+68%増 23万6025台であったと発表しています。

インラック政権のファーストカーバイイングプログラム・初回購入減税措置の受付が2012年末で
終わったものの、契約書と申請書さえあれば認められるため、
納車待ちの台数が生産台数を牽引しています。車種別では
乗用車が+160%増の104,120台、
ピックアップトラックは+31%増の127,689台。となっています。

マレーシア自動車協会(MAA)発表では
自動車販売台数は5万5066台となり、前年同月比で+34.5%増となっています。
また、生産台数は5万6232台となり、前年同月比で+9.4%の増加となっています。

1月の販売は乗用車が4万8720台で前年同月比32.2%、
商用車は6346台で同55.4%のそれぞれ大幅増加となりました。

1月の販売台数が前年同月比で大幅増となったことについて、
マレーシア国内消費者動向が活発化していることがあります。