タイ 高速鉄道網計画

タイ政府では2013年8月までにはバンコク~チェンマイ間での高速鉄道建設計画の
骨子をまとめると発表しています。

その後環境影響度調査を行い、建設を実施する計画です。
建設プロジェクトのフェーズ1はバンコク~ピサヌローク間の建設、その後
ピサヌローク~チェンマイ間で建設予定です。総工費は3800億バーツとなる見通しで
バンコク~バンスー駅~ドンムアン駅~アユタヤー駅~と12の駅が設置される予定です。
また総距離は680Kmになる見通しでタイ初の高速鉄道が計画されます。

タイの高速鉄道網計画はバンコク~チェンマイ間を第1号線とし、残り3本は
バンコク~ホアヒン間を第2号線、バンコク~ラヨーン間を第3号線バンコク~ノンカイ間を
第4号線となる見通しです。