マレーシア インドネシア

日本のアサヒグループホールディングスは中期経営計画を発表しています。
同社では東南アジアで既存の清涼飲料事業を拡大して、M&A事業を中心にして
ASEAN域の売上高を2012年比で6.5倍となる1000億円に増やすとしています。

同社はマレーシアでは清涼飲料市場において販売数量第2位を占める
Permanis Sdn. Bhd.(PERMANIS)の発行済株式100%を、
その完全親会社であるC.I. HoldingsBh0dから取得する株式売買契約を
締結しています。
ペルマニス社は、マレーシア第2 位の清涼飲料製造販売会社であり、
ペプシ社傘下のPepsi、7-Up、Gatorade及びTropicanaブランドなどの
清涼飲料のマレーシアにおける独占的ボトラーです。
マレーシア国内に2 工場を保有していてマレーシア全土を網羅する広範な
流通網を展開しています。

またインドネシアではシンガポール子会社であるAsahi Group Holdings
Southeast Asia Pte. Ltd.が、インドネシア証券取引所上場の
PT INDOFOOD CBP SUKSES MAKMUR TBK(ICBP)との間で、
インドネシアにおいて清涼飲料の製造及び販売を行う合弁会社設立および
運営に関する合弁契約の調印をしています。