タイ モーターショー自動車

2012年4月開催の「第33回バンコク・インターナショナル・モーターショー」の
3月28日~4月8日までの総受注台数は57,058台となっています。2011年度の
3万4234台から大幅な増加になったとしていて、主催企業側の予測4万台も大幅に
上回る数字になりました。
販売額はおよそ800億バーツ(2400億円規模)。
総来場者数はのべで190万人であったと発表しています。
ブランド別では
1位 トヨタ  1万2694台
2位 ホンダ    7539台
3位 三菱自動車  6406台
4位 日産自動車  5479台
5位 いすゞ自動車 5007台

その後はスズキ自動車、マツダ、米フォード、米GMのシボレーなどが続きました。
2011年度のタイ大洪水の影響なども受けて買い控えがあったこと、新車の
購入優遇策も影響した関係で大幅な販売台数増につながったとしています。