タイ メガ・バンナー

タイのバンコク郊外に建設予定のメガ・バンナー(Megabangna)では広さでは
東南アジア最大級を誇り、ゾーン別で分けてIT製品などを販売していきます。
ソフトオープンとして5月3日を予定していて8つのカテゴリーゾーンを
設けています。
18,000店舗が入居する予定で20万平米の広さです。
建設投資額は125億バーツで3年の建設期間を経て誕生します。

またIT関連製品カテゴリーは”メガーテック”と呼ばれるフロアになる予定で、
新製品発表フロアなどが作られます。
開発主体のSF Development(SF)の上級副社長であるCaroline Murphy氏は、
メガ・バンナーの開発主体のSFデベロップメント社は Siam Future
デベロップメント社で49%、スウェーデン大手IKANOグループが49%を保有し
SPS社が2%を保有しています。

駐車場が豊富であり、車で来るメガバンナー圏内45kmでの商圏で売上げ可能
であるとしています。