タイ サマート・コーポレーション(SAMART)

タイの通信財閥サマート・コーポレーション(SAMART)では
来たるデジタルTV時代に備え、ブロードバンド許認可の申請をする計画です。
代表取締役のWatchai Vilailuck氏はこの分野の事業へ10億バーツを投資すると
コメントしています。

通信事業を管轄するタイ国家放送通信委員会
The National Broadcasting and Telecommunications Commission (NBTC) では
ブロードバンドサービスにまつわるネットワークプロバイダー、
ブロードバンドサービス全般のすべての許認可サービスを3月に決定するとしています。

デジタルTVサービスからケーブルTVサービスまでカバーするとしています。
通信・ネットワークサービスに強いサマート社の強みを活かせるとしています。

サマート社ではタイ電話公社(TOT)と3G携帯電話ライセンスの利用契約を
結ぶ予定です。子会社のサマートアイ・モバイルSamart i-Mobile (SIM)
社の携帯電話で3Gサービスを展開する予定です。

同社の高速通信サービス”SIM Plus”は既存の100,000件から、サービス開始後
400,000万件まで増加すると予測しています。