タイ スリトラン・アグロ(STA)

タイの天然ゴム生産最大手スリトラン・アグロ(STA)の2013年度の上半期の
業績は売上で479億700万バーツ、純利益で11億5800万バーツでした。
株価は年初から17.50バーツより 2013年9月13日13.90バーツと下落しています。

8月末よりタイ南部の天然ゴム農家が天然ゴム価格低下に対して
不満を抱き、インラック政権に対して『コメの政府買取政策』と同様な天然ゴム
買取政策を実施して欲しいと要求のデモ、幹線道路封鎖を実行しました。

タイは世界の天然ゴム生産量1位の国で世界生産量1138万トンのうち30%、
351万トンを生産していて、世界各国へ輸出をしていましたが新興国の
経済鈍化により天然ゴム世界価格が大きく下落したことが今回の騒動に
つながっています。
ただしタイのコメ農家は370万戸に対して天然ゴム農家は数十万世帯
と言われていて票田の影響力と比較して、大規模な買取制度を実施するかは
不明な状況です。

同じく、ゴム関連企業の
タイラバーラテックスTHAI RUBBER LATEX (TRUBB)社の株価も
年初3.28バーツから 2013年9月2.10バーツへ下落しています。