タイ 日産モータータイランド

日本の日産自動車Nissan Motor Coでは日本国内の生産量をおよそ
14%マイナスにし、国内生産比率を低くすると発表しています。
円高の影響と国内労働コストと海外との比較、アジア圏でのニーズ上昇、
日本国内のインフラコスト増(電気代、租税)などで海外へ生産シフトを
強めていきます。

神奈川県の追浜工場Oppama plant を一部閉鎖、年産43万台を→24万台へ減産
させます。
生産台数の一部はタイの日産工場バンナー生産工場へシフトします。

また2012年度は日産タイNissan Motor Thailandでは10の新型モデルを5年内に
発表するとしていて、日本で販売してきたモデルを移管する可能性が高まっています。