タイ 食品業界

タイ国家食品局National Food Institute (NFI)では各企業の調査の結果
未だ、アセアン各国との競争力で勝てるレベルに達していないとの報告レポート
を出しています。

2012年度の5月に実施され78の食品企業(うち15企業は小企業、17企業は中堅企業)
となっています。
コメ卸売り業者、野菜取引事業者、パームオイル事業者、飲料事業者、シーフード
関連などはまだAECの準備が整っていないとしています。

タイ商工会議所大学の国際貿易研究のAat Pisanwanich所長はAECスキームの
開始は中小企業にとっては準備不足は厳しい環境になるだろうとしています。
近隣諸国との貿易経験や法整備、税制度をまだ理解できていない状況は不利に働く
だろうとしています。

タイの大手企業ではCPグループがインドネシアで2社上場企業を展開しています。