タイのバッテリー市場3

Thai Petroleum & Tradings社はタイランドではバッテリー交換市場では
400万台があるとしています。
総額THB50億バーツになるとしています。
同社はその市場の4~5%を保有しています。
また、同社のドイツブランド”VARTA”を扱っていて6ヶ月間で1,000万バーツの
売上を生み出したとしています。

2009年の記事でパナソニック・グループではタイ国内で第4世代の”Evolta battery”
を発表しています。
長時間持続するAAアルカリバッテリー電池を採用しています。
Panasonic社ではタイ国内のバッテリー市場は2012年度37億バーツから40億バーツに
なると予測しています。
80%はマンガン電池、20%はアルカリ電池市場であるとしています。

同社の売上は2013年度売上235億バーツ。前年比+10%増と予測しています。
そのうち30%はバッテリーからの売上で50%はオーディオ関連、20%はシステム関連に
なるとしています。
Panasonic社はBt1億バーツを掛けてプロモーションがあり3ヶ月で300万バッテリーを販売。
2009年通年では1000万台を販売する計画です。