タイ国営石油(PTT)

タイのエネルギー最大手タイ国営石油(PTT)では2013年度の1~9月期の業績は
売上で2兆1300億バーツ 純利益では792億バーツになっています。
第3四半期の売上で7231億バーツ、前年同期比+5.4%増で純利益が前年同期比
-14%減の309億バーツと発表しています。

また同社では大型の社債発行を発表していて総額2400億バーツ規模になると
しています。
同社債は6年11ヶ月の期間でクーポン利率は+4.75%、発行日は2013年11月27日、
償還日は2020年の11月15日としています。
フィッチレーティングでの格付けはAAAとなっていてバンコク銀行(BBL)、
クルンタイ銀行(KTB)、カシコーン銀行(KBANK)、サイアム商業銀行(SCB)、
タナチャート銀行(TCAP)などで販売予定になっています。

またPTTグループ企業が経営する電力事業を子会社グローバル・パワー・シナジーに
集約することを発表しています。
今後増加が予想される電力需要に関して対応するとしています。