インドネシア シプトラ・プロパティ(CTRP)

大手不動産会社のPT Ciputra Property(CTRP)では
総工費Rp1.6兆ルピアのオフィスタワープロジェクトを進めます。
シプトラワールド1「Ciputra World 1」はビジネスの中心街に建設予定です。
資金調達に関しては段階的な事前販売で9000億ルピアを見込んでいます。

Ciputra Property社のArtadinata Djangkar氏は建設コストは燃料費コストや
インフレなどで上昇していて今後も増加する見通しであるとしています。
第2タワーも計画していて完成は2018年になるとしています。
今回のタワーは47階建て最低70,000平米のオフィススペースが供給される予定です。
30%を売却というかたちにし、残り70%は完成後にリースで提供するとしています。

シプトラ社の2012年の通年の業績では売上で8287億ルピア
純利益で3000億ルピア22.となっています。
インドネシアではやや景気の減速が起きているとしていますが今後もオフィス
不動産の市場は伸び続けると判断して供給を増やしていく計画です。