インドネシア ブミ・リソーシーズ(BUMI)

インドネシアの大手石炭採掘企業2社の株主を持つブミ社では保有株主の
バクリー財閥のBUMI株式売却が遅延すると発表しています。
バクリーグループではブミ社の23.8%の株式をSamin氏へおよそ
US$2億2300万ドルで売却予定でした。
Samin氏が保有するRACL社で買い取れば同氏の持ち株は48%まで引き上がる
見通しでした。

今回の計画案ではバクリー財閥では保有株をRACL社へ売却。
その資金でブミ社が保有するBumi Resources(BUMI)社の株式29.2%を購入と
いう流れでした。

バクリー財閥はインドネシア証券取引所(IDX)に上場する
PT Bakrie & Brothers(BNBR) を旗艦とする会社で展開する複合企業で
同社の2012年度の通年の業績は売上で15兆4793億ルピア、純利益では
1277億ルピアになっています。

Bumi Resources(BUMI)の2012年度業績は
売上で 37億7500万USドル 純利益ではマイナス-6億6620万USドルになっています。
2013年度1~9月期の業績は売上26億5,000万USドル、
純利益では3期連続マイナス3億7500万USドルになっています。