タイ石油公社(PTT)

国営タイ石油公社(PTT)傘下の資源開発、
PTTエクスプロレーション&プロダクション(PTTEP)はブラジルで資源開発に
着手するためブラジルへ支社を設立。
資本金は5350万レアル(約7億4300万バーツ)で、現地で原油や天然ガスの
開発権を取得する計画です。
PTTEPはタイ湾など国内で18ヶ所、ミャンマーやベトナムなど周辺国17ヶ所で
天然ガス・石油など生産・調査、開発権取得をおこなっています。

同社の2012年度の通年の業績では売上で2182億バーツで 
純利益では573億バーツでした。
2013年1~9月期の第3四半期では売上で1686億バーツで 
純利益で487億バーツでした。

2012年は世界最大級の天然ガス田モザンビーグ・ロブマの権益を持つ
英コーブ・エナジーを買収しています。
2013年12月にはインドネシアのペトロナス社とヘス・コーポレーションが持つ
インドネシア鉱区の開発権を取得しています。