タイ ウィタユッワイヤレス通りで発砲事件が発生

7日の早朝、タイ反政府勢力の拠点近くで日本大使館などもある
ウィタユッワイヤレス通りで発砲事件が発生しました。
死者は出なかったものの、負傷者が多数でました。
タイ治安当局によれば、同発砲事件ではルンピニー公園側からウィタユッ通りに
向けて発砲があったとしています。
周辺を歩いていた女性、走行中のタクシーが銃撃を受けて負傷したとしています。

また7日夜にはジェーンワタナー通りの総合病院Mongkutwattana General Hospitalで
発砲事件があり、壁に発砲された跡が残りました。
死者負傷者はいませんでした。
同病院はジェンワタナーで展開されているデモ隊エリアのすぐ近くにあります。
同病院では政府支持者も、反政府デモ隊も分け隔てなくケアをしており、
病院への攻撃に対して強く非難をするとコメントしています。