マレーシア エコワールド(ECW)不動産取得を計画

マレーシア証券取引所(BURSA)上場企業のエコワールド
Eco World Development Group Bhdは不動産開発を手掛けている企業で
住居不動産、商業不動産、工業開発用不動産などを手掛けています。
同社は旧社名がFocal Aims Holdings Berhadで2013年度12月に社名変更
しました。
主な開発地区としてジョホーバル、マレーシアになります。
2013年度の業績は売上で1億5630万リンギ、純利益では2430万リンギに
なっています。

同社はSP Setia Bhd(SPSB)の旧幹部とも関係があり今回大型開発案件として
およそ10億リンギ(300億円規模)の不動産取得を計画します。
Eco World社の株価は大きく上昇していて+48%増になり、時価総額は13億リンギ
まで伸びています。

SP Setia Bhd(SPSB)SPセティア社はマレーシア大手不動産開発企業で
住宅、建設、インフラ、木材ベースの製造、貿易関連事業を営んでいます。
売上は30億6050万リンギ、純利益では 4億1700万リンギでした。