インドネシア フリーポート(未上場)アネカ・タンバンとの契約決まる

採掘大手PT Freeport Indonesia(未上場)は1972年設立された企業です。
今回、プロジェクト形式をPublic Private Partnership(PPP)での国営企業の
PT Aneka Tambang (Antam)との契約がまとまったと発表しています。
Freeport社はAntamと提携、精錬所を建設します。

エネルギー・資源省の副大臣Susilo Siswoutomo氏はジャカルタで会見し
No.4/2009資源・石炭採掘法で資源商品の付加価値化を義務付けることに
なりました。
そのため各企業は精錬所を建設する必要があります。
経済省のHatta Rajasa大臣は公式書簡を通じて、PPP計画でインドネシア国内で
製錬所を設置していく方が良いとインネシア政府へ提案していました。

パプアのGrasberg鉱で銅、金、シルバーなどの採掘開発を行っています。
同社はFreeport-McMoRan Copper & Gold Incの子会社になります。