タイ モールグループの不動産開発

The Mall GroupではエムカルティエEmQuartierプロジェクト、
(2014年末開業)エムスフェアーEmSphere(2016年~17年開業)を
スクンビットプロンポエン駅周辺で開発予定。
さらに同社では400億バーツを掛けて2つの巨大ショッピングモールを
開発予定です。
100ライの不動産開発用地を取得しBITECの前の不動産開発進めます。
もう1つはプーケットに開発予定としています。

一方サハグループ(SPC)でもEコマースによる中国進出を目指すとしています。
中国でのパートナー企業と新しい流通チャネルを開拓しメイドインタイの商品を
流通させるとしています。
Thai One Mall Co社は資本金500万バーツでEcommerce事業を中国で行う
目的で設立。

同社はICC International(ICC), Saha Patthanapibul(SPC)
Saha Patthana Interholdings(SPI)の3社がそれぞれ19%を保有。
残りの43%は中国企業のTmall.comで保有します。
サハグループ会長のBoonsithi Chokwatana氏はタイ国内の消費落ち込みもあり
中国市場での展開を試みるとコメントしています。
http://thaionemall.tmall.hk/
中国人の観光旅行者は2013年度通年で470万人が訪問。
タイへの海外旅行者No1になっています。