タイ TV規制

タクシン元首相のシナワトラ財閥が経営するデジタルTV、ボイスTVは軍部が
運営するNational Council for Peace and Order(NCPO)の政情不安解消後、
放送許可になる可能性が高いと報道されています。

同局ではNCPOにより政治に関する衝突などの話題は制限されていて、タイ国軍の
メディア監査責任者のMilitary Technology Centerで判断されています。
2014年6月時点で、5月22日クーデターから24のデジタルチャンネルの中で唯一放送
制限されています。
NCPOではVoice TVと共に衛星TV13チャンネル、(ASTV, Blue Sky、Asia、
6,000地域ラジオチャンネルなど)も制限されていると発表。

また地上波無料TV(Channels 3, 5, 7, 9 , 11 Thai PBS)
23のデジタル放送番組、333の衛星放送番組はすでに放送再開を許可されていて、
全体の90%はすでに放送を通常通りにおこなっています。