タイ ランド&ハウス(LH)資産運用400億バーツの目標を下方修正

タイの不動産大手ランド&ハウスLand and Houses(LH)のファンドマネージャーは
資産運用400億バーツの目標を下方修正しTerminal 21 Property Fundの設定を
遅らせるとしています。
不動産ファンドの設定額は200億バーツから100億バーツへ下方修正するとしています。

同社ではすでにタイ証券取引所へ申請は出していて、アソーク地区にある商業施設の
Terminal 21とHome Product Centre(HMPRO)のの証券化REITを進めるとしています。
成長率+6~7%として設定しています。

また、傘下のQuality Houses Hotel and Residence Fund(QHHR)は2012年にREIT
として上場。
Centre Point Hotelなどを証券化しています。

Quality Houses Leasehold Property Fund(QHPF)はオフィスビル
Q. House Ploenchit, Q. House Lumpini, Wave Placeの3箇所を証券化しています。