CPフーズでは小売業態の変革を進める【タイ:農業・食品・小売】

タイの農産物・食品コングロマリットである
チャロンポカパーン・フーズ(CPF)は、グループ傘下の小売店舗
CPフレッシュマート(CP Freshmart)のネットワークを拡大し、
食品セグメントとデジタル変革に向けての事業推進を
計画しています。

同社スローガンである”Kitchen of the World”戦略の
一環として、同社はタイ全国に400以上の店舗を持つ小売チェーン
「CPフレッシュマート」を経由し、生鮮食品や原材料をHoReCa
(ホテル、レストラン、ケータリング)セグメントに配給します。

新しい構造の下で、CPフレッシュマートは物流機能のハブとして
同店舗から顧客へ生鮮食品を配達・配達していく計画です。

また、既存のCP Freshmartフォーマットである80~100平米の
店舗面積から増床し、300~400平米のスペース内にレストランと
食品ショッピングエリアからなるフードショールームを建設する
可能性も検討しています。

将来的にCPフレッシュマートは顧客にサービスを提供するための
キッチン家電やキッチン用品を販売していくオプションも
検討しています。

また、将来は完全にオンライン化される可能性があり、
生鮮食品、商品、およびサービスは顧客が店に行かなくても
自宅へ提供される可能性が高いとしています。

IT技術の進化に備えてCPフレッシュマートはグループ会社
であるトゥルー・コーポレーション(TRUE)が提供する
オンラインペイメントシステムを接続しています。

チャロンポカパーン・フーズ:CPFグループは動物飼料生産
から成長し、養豚やエビ養殖、加工食品や調理済食品の
生産にまで拡大しました。
飼料生産が総収入の42%を占めているのに対し、
農業と食品はそれぞれ41%、17%となっています。

タイ国内事業の売上は全体の33%を占め、
(国内売上28%、輸出売上5%)、海外売上高は67%を
占めています。
総売上は2022年までに6,000億バーツを目標としており、
海外事業収益の一部は今後5年間で75%に上昇すると
予測されています。

2017年の売上は5,020億バーツでした。
2018年には5%増の5,420億バーツ、純利益は155億バーツと
なりました。