タイ 国家平和秩序評議会(NCPO)

タイの国家平和秩序評議会(NCPO)では2014/15会計年度
(10月1日~翌年9月30日)の予算案を承認したことを発表しています。
歳出予算は前年比+2%増の2兆5750億バーツ、歳入予算は2兆3250億バーツと
なっています。

国家平和秩序評議会(NCPO)では6月10日に合計20県で夜間外出禁止令を解除した
ことを発表しています。
カンチャナブリー、ラチャブリー、ラヨーン、チャンタブリ、ナコンパノム、
サコンナコン、ロイエッ、ルーイ、スリン、ターク、スコータイ、メホンソン、
ウタラディット、プレー、ナン、トラン、サトゥンの17県は全域で解除することを
発表しました。
ソンクラー、ペチャブリー、トラートの3県は一部地区の解除。

観光業への影響に配慮して治安状況が正常に戻りつつあるため、さらに20県で夜間外出
規制を撤廃することを決定しています。
一方でバンコク都内はクーデターに反対する動きが完全に沈静化していないとして、
午前0:00AM~04:00の夜間外出が禁止されています。