タイ国内持ち込み関税チェック強化

タイ関税当局は7月1日よりタイ国外で購入した計1万バーツ以上の購入商品に
関して、国内に持ち込む際にかかる関税の徴収を強化したと発表しました。
タイ国家平和秩序維持評議会(NCPO)の指示強化でスワンナプーム国際空港、
ドンムアン空港では関税荷物の荷物検査の機器を増加、局員のチェック態勢を
強化したとしています。

●タブレット配布政策に関して

タイの基礎教育委員会ではタクシン支持政権、インラック首相が開始をした
児童学生一人一人にタブレット端末を配布し、教育に役立てる政策の
廃止を決定しました。
代替の政策として各学校へは PCを配布し、IT教育を促進させるとしています。
”OBEC Smart Class Room”政策とし、2014年度の予算70億バーツをこちらに
充てるとしています。