タイのフェイスブック広告の流行

タイ国内での広告効果としてフェイスブック広告Facebook Adsが流行に
なっていて、タイ人が毎日のように同社サイトを利用することが背景にあると
しています。
Facebook Adsは150万社以上の広告出向があり、SME中小企業は3,000万社は
フェイスブックページを保有しているとしています。

タイ国内での広告効果としてフェイスブック広告Facebook Adsが流行に
なっていて、タイ人が毎日のように同社サイトを利用することが背景にあると
しています。

Facebook Adsは150万社以上の広告出向があり、SME中小企業は
3,000万社はフェイスブックページを保有しているとしています。
タイ国内にはおよそ2,700万人のフェイスブックユーザーがあり、
90%はモバイル系からアクセスであるとしています。
フェイスブックの利用時間は平均で2時間35分で、こちらも非常に利用時間が
増えています。
また、新しいブランドをフェイスブックで発見することも多く、友人からの紹介、
お薦めで購入を決めることもあるとしています。

タイでEコマース支援事業を行う、aCommerce社ではデジタル広告エージェント
サービスでは1ヶ月1,000万バーツ以上使うとしています。
セントラルグループCentral Department Storeでは、Eコマースサイトを用意
していて、全体売上の10%が既にサイトからであるとしています。
同社は広告予算40%をFACEBOOKへ、残りはGoogle Display Networkなどへ
投資しています。

オンラインでファッションなどを販売しているPomelo Fashion社は、
Facebookはコミュニティとして利用し、フェイスブック広告は新規の顧客獲得へ
つなげています。