タイでの即席食品の価格が上昇している

タイでの即席食品の価格が5~20バーツの範囲で上昇していると
タイの内務省では分析・調査の発表をしています。
特にタイの南部での上がり方が最も顕著であったとしています。
タイの南部の観光地クラビ、ソンクラー、スラタニ、プーケット
は他の地域より高くなっています。
1食25~50バーツまで価格が上昇しました。

一方でタイの北部、中央部、東北部ではそれほど大きな価格上昇は
無かったとしています。
タイ北部では1食あたり15~30バーツと大きな変化は無かったと発表。

同調査ではタイで簡単に食べられる豚肉入りチャーハンで、
1食当たりの価格調査を実施。
路上の屋台からフードコートでタイ南部では30~50バーツでした。
タイの北部では25~35バーツが平均値でした。

タイの経済鈍化が顕著になってきたものの、価格の調査は継続して実施し、
インフレの参考指標にするとしています。