アセアン経済共同体(AEC)後の影響

ニールセンタイランド (Thailand)では、今後将来的に消費者が増える
市場であるベトナム、フィリピン、インドネシアなどで、タイ企業に事業機会が
あると分析しています。
アセアン経済共同体(AEC)での統合後の消費者調査で明らかになったとしています。

ニールセンタイランド (Thailand)では、今後将来的に消費者が増える
市場であるベトナム、フィリピン、インドネシアなどで、タイ企業に事業機会が
あると分析しています。
アセアン経済共同体(AEC)での統合後の消費者調査で明らかになったとしています。

ベトナム、フィリピン、インドネシアでは数百万人規模で若い人が増えていて、
人口も伸び続けているため、市場が膨らむ可能性が高いとしています。
また中間層の増加で所得が増加した層がよりお金を消費する環境が生まれ、
休暇/ショッピング/娯楽を楽しむ時代が来るとしています。

特にFast-moving consumer goods(FMCG)ビジネスが有望であり、アセアン
各新興国はタイの小売業界に取ってチャンスであるとしています。
Organisation of Economic Cooperation and Development(OECD)では
2011~2016年のアセアン統合の影響後は年間6%増でアセアンは成長すると
予測しています。
2020年までには中間層の人口は4億人を超えると見られています。