タイのLCCノックエアー(NOK)高速度WiFi導入

タイのLCCノックエアー(NOK)では高速度WiFiをアジアのエアラインでは
初めて導入すると発表しています。
若いネット接続を気にする世代、ビジネスマンなどを取り込みます。
同社のCEOであるPatee Sarasin氏は高速回線導入はノックエアー社の1つの
魅力に過ぎないとし、タイ国内の運航、海外への運航共に魅力的なサービスを
導入していくとしています。

タイのLCCノックエアー(NOK)では高速度WiFiをアジアのエアラインでは
初めて導入すると発表しています。
若いネット接続を気にする世代、ビジネスマンなどを取り込みます。

同社のCEOであるPatee Sarasin氏は高速回線導入はノックエアー社の1つの
魅力に過ぎないとし、タイ国内の運航、海外への運航共に魅力的なサービスを
導入していくとしています。
既にいくつかの企業では機内ネット接続は導入開始していますが、NOKAIRが
導入するサービスより遅いとしています。
同社が導入するのはThaicom社製のKu-band帯を利用し航空機運航中も利用
出来るとしています。

同社の乗客利用率は90%を越えていますが、政情不安の高まった第2四半期は
不調でした。
2014年度の通年利用者数は800万人を越えると見ています。
2013年度は600万人でした。
2013年度の通年の業績は売上で113億1400万バーツで、
純利益では10億6600万バーツでした。
しかし、2014年度の予想ではLCCの競争激化で純利益3億~4億Bであると見ています。