シンガポールのテレコム企業解説

東南アジア最大の通信業者シンガポールテレコムSingapore Telecommunications
(ST)は通信事業とICT事業をシンガポールとオーストラリアで展開しています。
インターネット、TV事業、通信技術事業、コンサルティング事業、データセンター
などを展開しています。
親会社はTemasek Holdings(Private)社になります。

東南アジア最大の通信業者シンガポールテレコムSingapore Telecommunications
(ST)は通信事業とICT事業をシンガポールとオーストラリアで展開しています。
インターネット、TV事業、通信技術事業、コンサルティング事業、データセンター
などを展開しています。
親会社はTemasek Holdings(Private)社になります。

2014年第2四半期の業績は、純利益で前期比-17%減で8億3500万Sドルで、
売上では-3.4%減の41億5000万Sドルでした。
2013年度(14年3月期締め)の業績は売上で168億4810万Sドルで
純利益 36億5200万Sドルになっています。

同社はシンガポールを本拠とする、中国を除いたアジア地域最大の携帯電話事業を
行う通信企業で、携帯キャリアの顧客数は約4億人となっています。
2000年、オーストラリア第2の電話会社オプタスを買収したため、オーストラリア
でも通信事業を展開しています。