ラオスの発電事業に関して

ラオスの発電事業ではラオス発電公社(Electricite du LaoEDL)と独立発電
IPPが運営する水力発電が主体となっています。
ラオスの発電に関しては独立系の発電事業者が発電シェアの71%を占めており、
ラオス電力発電の発電シェアは20%。
一方で送電網は100%国営のラオス電力公社が管理します。

ラオスの発電事業ではラオス発電公社(Electricite du LaoEDL)と独立発電
IPPが運営する水力発電が主体となっています。
ラオスの発電に関しては独立系の発電事業者が発電シェアの71%を占めており、
ラオス電力発電の発電シェアは20%。
一方で送電網は100%国営のラオス電力公社が管理します。

ラオスでは電化率を2020年には90%(2010年時点では73%)にまで高める目標
を持っています。

ラオスの河川はメコン河全体の流量の35%前後を占め、開発可能な水力発電
ポテンシャルは 約2万3000MWにも上る豊富な包蔵水力を活かした水力発電開発を進め、
アセアン地域における電力輸出国としての地位を確立することを計画しています。

ラオス国政府は国家電力開発計画(PDP)2010-2020を策定中で、ラオスは近隣諸国
(タイ、ベトナム)への電力輸出有望国となっています。