ラオスの病院セクター

ラオスの病院数は確認出来るだけで37病院があり、ビエンチャン市内の医療に
関しては保健省の管轄のもとに国立総合病院、専門病院があります。
2007年より”Centre Medical de l’Ambassade deFrance” が外国人向けに
設立され、”Alliance International Medical Centre”など一部が外国人
受け入れ可能な病院があります。

ラオスの病院数は確認出来るだけで37病院があり、ビエンチャン市内の医療に
関しては保健省の管轄のもとに国立総合病院、専門病院があります。

2007年より”Centre Medical de l’Ambassade deFrance” が外国人向けに
設立され、”Alliance International Medical Centre”など一部が外国人
受け入れ可能な病院があります。

Alliance International Medical Centreはラオス資本New Chip Xeng社、
タイ資本Wattana Hospitalグループの共同経営で、ラオス国内からタイへ治療へ
来ていた富裕層もビエンチャンで治療できるようになりました。
ワタナーホスピタルグループはタイ国内東北部に2病院、ラオスに1病院
を展開していてノンカイにNorth Eastern Wattana Hospital(1985年設立)
ウドンタニにNorth Eastern Wattana Hospitalを設立しています。

他病院では
Lao medical servicesco.,ltd(LMS) set up 1995
Vietnam -Laos hospital from Vietnamなどがあります。