インドネシアのスマートフレン・テレコム1.9 GHzネットワーク~2.3 GHzネットワークでの敷設への投資を進める

インドネシア証券取引所(IDX)上場のスマートフレン・テレコムPT Smartfren 
Telecom(FREN)では、10兆ルピアを投じて1.9 GHzネットワーク~2.3 GHz
ネットワークでの敷設への投資を進めるとしています。
今後普及するであろう4Gネットワークの準備になるとしています。

インドネシア証券取引所(IDX)上場のスマートフレン・テレコムPT Smartfren 
Telecom(FREN)では、10兆ルピアを投じて1.9 GHzネットワーク~
2.3 GHzネットワークでの敷設への投資を進めるとしています。
今後普及するであろう4Gネットワークの準備になるとしています。
同社のCEOであるDjoko Tata Ibrahim氏は、資金の調達はシンジケートローン
を含め、中国国家開発銀行China Development Bank(CDB)などから
ファインディングを進めるとしています。

同社はCode Division Multiple Access(CDMA)セルラー通信、通信ネットワーク
などをインドネシア国内で展開しています。
モバイル通信サービス、ワイヤレス通信などをリース提供などします。
同社は旧社名PT Mobile-8 Telecom Tbkで2011年度に社名変更をしています。

2013年度の通年の業績は売上で2兆4288億ルピア、純利益では
マイナスの2兆5341億ルピアでした。