インドネシア国営電力、1.5億ドルの水力発電事業を進める

PT Perusahaan Listrik Negara(PLN)インドネシア国営電力では、配電企業
PT Rajamandala Electric Powerとの提携で1.5億ドルの水力発電事業を進めます。
発電所は2017年度から稼働予定です。
PLN代表のNur Pramudji氏は47MWの発電規模でシンジケートローンとして
みずほ銀行、国際協力銀行からの融資を受けます。

PT Perusahaan Listrik Negara(PLN)インドネシア国営電力では、配電企業
PT Rajamandala Electric Powerとの提携で1.5億ドルの水力発電事業を進めます。
発電所は2017年度から稼働予定です。
PLN代表のNur Pramudji氏は47MWの発電規模でシンジケートローンとして
みずほ銀行、国際協力銀行からの融資を受けます。

このプロジェクトは関西電力株式会社が出資するインドネシアのPT. Rajamandala
Electric Powerとの間で、インドネシア共和国ラジャマンダラ水力発電所
プロジェクトを対象として、6600万USドルを限度とするプロジェクトファイナンスに
よる貸付契約を締結しています。

インドネシアでは、インドネシア国営電力公社:Perusahaan Listrik Negara(PLN)が
政府のエネルギー鉱物資源省の監督の下で発・送・配電事業を一貫して運営していました。
しかし財源が不足している政府の民間投資誘致のため、1992年に発電分野への民間参入
を促すため民間電力事業者:IPP制度が導入されました。

2014年ではインドネシアの電力事業は、PLNが設備容量の80%、残りを独立電力事業者
IPPや自家発電事業者PPUがまかなっています。