フィリピンの証券取引所

フィリピン証券取引所(PSE)の主要セクターでは 金融セクター、工業セクター、
ホールディングセクター、サービスセクター、採掘、石油セクター、不動産セクター
に分かれています。

フィリピン証券取引所(PSE)の主要セクターでは 金融セクター、工業セクター、
ホールディングセクター、サービスセクター、採掘、石油セクター、不動産セクター
に分かれています。

金融セクターに上場する企業群は
<1> BDO Unibank Inc BDOユニバンク(BDO)
総資産  1兆6727億ペソ 純利益 222億ペソ
1967年設立、フルバンキングサービスを展開していてペソ、ドル両方を扱います。
814の支店、ATM設置数は2,291機器、旧行名はBanco De Oro Unibank Incでした。

<2> Metropolitan Bank&Trustメトロポリタン・バンク(MBT)
総資産1兆3785億ペソ   純利益224億ペソ
1962年設立、メトロバンクの愛称でフルバンキングサービスを展開する。
632の支店、1,385のATM機器、本店はマカティ市にあります。

<3> Bank Of The Philippine Islanバンクオブフィリピン(BPI)
総資産1兆1953億ペソ、  純利益188億ペソ
1851年設立。フルバンキングサービスを展開していて
825の支店、2,181のATM機器、本店はマカティ市内にあります。

<4> Philippine National Bank  フィリピンナショナルバンク(PNB)
総資産 6180億ペソ  純利益51億2380万ペソ 
1916年設立。
フルバンキングサービスを展開していて、655支店、849のATM機器を展開
しています。
パサイ市が本店になります。

<5> Land Bank of the Philippines(未上場)
不動産を中心とした金融サービス、ローンサービス、保険などを提供します。
1963年に設立。
純利益は117億ペソでした。
345の支店と1,297のATM機器を展開しています。

<6>RizalCommercial Banking リサール・コマーシャルバンキング(RCB)
総資産 4218億ペソ 純利益53億2100万ペソ
1960年設立。
商業銀行で主にビジネス向けに金融サービスを提供。
2013年末時点で 435支店、1,150ATM機器を展開。
旧銀行名はRizal Development Bankになっています。

<7>China Banking Corporationチャイナ・バンキングコープ(CHIB)
総資産 4136億ペソ 純利益51億330万ペソ
1920年設立。商業銀行でフルバンキングサービスを提供します。
367の支店、561のATM機器、マカティ市に本店を構えます。

<8> Union Bank Of Philippinesユニオン・バンク・フィリピン(UBP)
総資産 3960億ペソ 純利益90億2510万ペソ
1968年に設立。フルバンキングサービスを展開し2013年末までに
238の支店、269のATM機器、旧銀行名はUnion Savings and Mortgage Bankで
Pasig市に本店を構えます。

<9> Development Bank of the Philippines フィリピン開発銀行(未上場)
2012年度の総資産は3600億ペソ規模。
中長期に農業・工業・インフラへ融資する金融機関です。
1947年に設立された国営の金融機関。

<10> Security Bank Corpセキュリティバンク (SESB)
1951年設立。金融サービスを提供。244支店と406のATM機器を展開しています。
2013年度末の総資産は3475億ペソ、純利益では50億ペソになっています。

フィリピンのGDPは2013年度で約15兆円。
人口は約1億人を突破しています、若年層の多い人口構成で
GDPの成長率は過去約5~7%程度成長中です。
最大手のバンコ・デ・オロ・ユニバンク(BDO)の総資産は約3兆円を越えます。