タイ人、東南アジアからの大阪観光旅行者数の増加

日本の観光産業ではタイ人の訪問者が増加していることを期待しています。
大阪観光局Osaka Government Tourism Bureau(OGTB)では、日本行きの
ビザ免除などで、2013年7月からタイ人が短期の滞在に関してビザが必要無い
こと、またエアアジアなどのLCCの大阪行きが2014年9月から運行開始している
ことも追い風になっているとしています。

日本の観光産業ではタイ人の訪問者が増加していることを期待しています。
大阪観光局Osaka Government Tourism Bureau(OGTB)では、日本行きの
ビザ免除などで、2013年7月からタイ人が短期の滞在に関してビザが必要無い
こと、またエアアジアなどのLCCの大阪行きが2014年9月から運行開始している
ことも追い風になっているとしています。
タイエアアジアはバンコク:ドンムアン空港~関西国際空港、~成田国際空港の
直行便を開始しています。

インドネシア、フィリピン、ベトナムなどでもビザの緩和をしていて、訪問者数も
二桁の伸びを示しています。
大阪ではハリーポッターのアミューズメント施設がUniversal Studios Japan
でOPEN。
2014年1月~6月期の関西地区のメイン国際空港であるKansai International 
Airportではタイの直接訪問客数が+50.1%増になっています。
タイ国~大阪への訪問者数は67,959名となっていて総タイ人数343,244人の中の
大きな割合を占めているとしています。

大阪観光局OGTBによれば、タイ人の関西空港利用者数は2006年度33,000人から、
2013年度は99,800人へ増加。
2014年度は大きな増加が期待できるとしています。

2013年度の通年の数字では大阪訪問者数260万人、2014年度は320万人、
2016年度は450万人を目指すとしています。