シンガポール証券取引所(SGX)の上場企業

シンガポール証券取引所(SGX)は国際的証券市場として多数の外国企業が上場
しています。
SGXには700社以上の企業が上場していますが、このうち、200社超は外国企業から
の上場で、中国、アジア域はもちろん、ヨーロッパ、北米を含む20カ国以上に
及んでいる事がSGXにより開示されています。

シンガポール証券取引所(SGX)上場企業内訳(2012年1月時点)
シンガポール国内企業 461社
海外企業(中国を除く) 160社
中国企業       151社 合計 772社
総時価総額  8081億Sドル(52兆5265億円) 2012年4月時点

シンガポール証券取引所(SGX) Main Boardへの上場基準は
利益基準
(1) 税引き前利益 最低直近3年750万SGD以上&各年100万SGD以上
(2) 税引き前利益 直近1~2年 合計1000万SGD以上
(3) 時価総額   最低   8000万SGD 以上

シンガポール証券取引所(SGX)への上場はシンガポール国籍の企業である必要
はありません。
会計基準はシンガポール会計基準 米国会計基準 国際会計基準(IFRS)
最低2名がシンガポール居住者である必要などがあります。

Catalist Market カタリストは主に新興企業向け。
スポンサーと呼ばれる保証会社に上場審査・監督を任せることで上場基準を緩和。

税引き前利益 ビジネスに収益性・将来性があること(利益要件なし)
資本金 要件なし
設立経過年数 原則3年以上だが、0年でも可。

となっています。