シンガポールの歴史

シンガポールの歴史は、1957年にマラヤ連邦(Persekutuan Tanah Melayu)が独立。
1959年にシンガポールはイギリスの自治領(State of Singapore)となり、
1963年にマラヤ連邦、ボルネオ島のサバ・サラワク両州とともに、マレーシア連邦
(Malaysia)を結成する。
しかし、マレー人優遇政策を採ろうとするマレーシア中央政府と華人が多く、
マレー人と華人の平等政策支持のシンガポール人民行動党(PAP)の間で軋轢が激化。
1964年7月にはマレー系のデモ隊と、中国系住民が衝突。人種暴動が発生、死傷者が生じる。

マレーシアのラーマン首相は両者の融和は不可能と判断しラーマン氏と
PAPのリー・クアンユー氏の両首脳の合意の上、
1965年8月にマレーシア連邦から追放される形で都市国家として分離独立した。

その後中継貿易を中心にビジネス環境の整備に取り組んだリークアンユーの下、
高成長を続け、アジア有数の貿易立国に成長する。

昨今ではITを利用した知識集約国家の道を追求しているが、
一党独裁体制下の言論弾圧、管理社会、厳罰主義、少子化など、
抱えている問題も少なくない。イギリス連邦のメンバーとなっている。