ベルジャヤ・グループ傘下のベルジャヤ・スポーツトト(BST)の第2四半期の業績

マレーシアのベルジャヤ・グループ傘下のベルジャヤ・スポーツトト(BST)の
第2四半期の業績は売上で前年同期比+44%増で12億5400万リンギ、純利益では
前年同期比+20.6%のRM9970万リンギでした。
同社は4月末決算で、前年は売上で43億4000万リンギ、純利益では
3億2800万リンギでした。

同社はトトくじ、オンラインくじ、ソフトウェアサポート、コンピューター関連、
不動産投資、資産運用、自動車販売ディーラーなど幅広い事業展開をしています。
旧社名はFar East Asset Berhadで1993年にBerjaya Sports Toto Berhadへ
変更しました。

2013年にイングランドの高級車ディーラーであるH.R.Owen社をおよそ4200ポンド
で買収しています。
オーウェンは自動車高級ブランド、アストンマーティン、ベントレー、ブガッティ、
フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティなどを取り扱っています。

フィリピンでの事業では、Philippine Gaming Management社がわずかに売上、
純利益が伸びています。
同社はオンラインくじシステムを扱い、ハードウェア、ソフトウェア、マネジメント
などを展開しています。