タイの不動産大手プルックサー・リアルエステイト社(PS)がスマートバスルームのユニット販売

タイの不動産大手プルックサー・リアルエステイト社(PS)がスマートバスルームの
ユニット販売を発表するとしています。
同社では最新のイノベーションとしてコンドミニアムに導入します。
2015年から日本のサプライヤーから発注をして住居に組み込みます。
スマートバスルームはプレ製造済みのものを輸送し、時間とクオリティを確保し、
日本品質のものを納入出来るとしています。

タイの不動産大手プルックサー・リアルエステイト社(PS)がスマートバスルームの
ユニット販売を発表するとしています。
同社では最新のイノベーションとしてコンドミニアムに導入します。
2015年から日本のサプライヤーから発注をして住居に組み込みます。
スマートバスルームはプレ製造済みのものを輸送し、時間とクオリティを確保し、
日本品質のものを納入出来るとしています。

ライバル企業のAPタイランド(AP)では、2014年度よりすでに日本の大手不動産
開発企業である三菱地所Mitsubishi Estate Groupと提携を開始していて、
労働コストの減少、高いクオリティなどを導入しているとしています。

一方、Fine Home Co社、City Resortグループではバスタブのモジュール化を決定。
Wako Bathroomモジュラーシステムを導入するとしています。
和光製作所は2014年度に日本のバスルームデザインをタイへ投資・販売するため
進出を決定。
これまでシンガポール、フィリピンでセールスオフィスを設置していましたが、
タイではWako (Thailand) Coを14年6月に設立。
合弁事業で自社で49%
Konoike-Sotus Venture Co26%
タイのセラミックタイル・サニタリー販売企業のDP Ceramic Co社25%で進出を
果たしました。