上場の縫製メーカーパン・ブラザーズは15年度前年比+30%増を目指す

インドネシア証券取引所(IDX)上場の縫製メーカーPT Pan Brothers
パン・ブラザーズ(PBRX)では、2015年度は販売額、生産量それぞれ前年比
+30%増を目指すとしています。
新合弁会社をつくったことで生産能力も上がったとしています。

2014年12月同社はRp861億ルピアを投じて3つの合弁会社を立ち上げました。
PT Prima Sejati Sejahtera (PSS), PT Teodore Pan Garmindo (TPG)
PT Victory Pan Multitex (VPM)です。

同社は1980年設立で縫製、衣料製造の企業でシャツ、ゴルフウェア、
カジュアルパンツ、スポーツウェア、機能性衣類などを扱っています。
輸出先はヨーロッパ、アジア、アメリカなど幅広く展開しています。
また取り扱いブランドではNike, North Face,Lacosteなどのグローバルブランドに
なります。
同社はPT Trisetijo Manunggal Utamaの子会社になります。

同社の秘書官Iswardani氏は2013年度の通年の業績は売上で2億9800万ドル
純利益では1060万ドルでした。
14年度の1月~9月期ではUS$2億5278万ドルとなっています。