タイのリゾート島のプーケット県でライトレールシステム建設計画

タイのリゾート島のプーケット県でライトレールシステム建設計画が
浮上しています。
交通渋滞の問題と観光客の移動に関しての利便性向上を目的としていて、2021年度
からはプーケット都市部でモノレール型の鉄道利用が可能になるとしています。
プーケット県知事Nisit Chansomwong氏は同計画が240億バーツほど掛かると
見ていて、13年度からの複数回の公聴会も経て路線はプーケット国際空港から20の
駅をつなげて都心部まで伸ばすとしています。

タイのリゾート島のプーケット県でライトレールシステム建設計画が
浮上しています。
交通渋滞の問題と観光客の移動に関しての利便性向上を目的としていて、2021年度
からはプーケット都市部でモノレール型の鉄道利用が可能になるとしています。

プーケット県知事Nisit Chansomwong氏は同計画が240億バーツほど掛かると
見ていて、13年度からの複数回の公聴会も経て路線はプーケット国際空港から20の
駅をつなげて都心部まで伸ばすとしています。
鉄道は最大時速100KMまで出せるとし、およそ始発から終点まで45分とする計画です。
プロジェクト草案はまとめている段階でエンジニアリング、建設デザイン、環境負荷
などを計測しています。
予算が承認されれば2021年までに完成すると発表しています。

タイではライトレール型の鉄道は無く、路面電車のようなタイプでBRTシステムが
バンコクのチョンノンシー駅からラマ3世通りを通り、バンコク西部へ抜けるルート
が完成しています。