飲料大手フレイザー&ニーブがネスレと22年間生産契約を再契約

マレーシアの飲料大手フレイザー&ニーブFraser & Neave(F&N) Holdings
では、ネスレ乳製品ブランドの22年の再契約を結びました。
今回の合意内容では、F&Nでは2037年まで22年間に渡りシンガポール、タイ、
マレーシア、ブルネイ、ラオスで製造・販売契約を結びました。
ブランドとしてCarnation, Bear Brand, Bear Brand Gold, 
Ideal Milk, Milkmaidの各ブランドになります。
またミャンマー、カンボジアなどへの新興国への進出も含まれます。

F&N社のCEOであるNg Jui Sia氏は非アルコール飲料事業の業務契約を結んだ
ことで、タイを含め同社のブランドを強化していくとコメントしています。
2015年度は3億バーツを投じて生産工場ロジャナ工業団地での生産能力向上を
進めます。
これまでより30~40%の生産力UPとなる計画です。
コンデンスミルク、無糖練乳ブランドの”Carnation”はマレーシア、ブルネイ、シンガポールで
非常に知名度のあるブランドとなっています。滅菌牛乳の”Bear Brand”も同様です。

フレイザー&ニーブFraser and Neave(FNN)はシンガポール上場企業で
13年度の売上で24億Sドル、純利益では 1億4700万Sドルでした。
マレーシア証券取引所(BURSA)にも上場していて
Fraser & Neave Holdings Bhdフレイザー・アンド・ニーヴホールディングス
(F&N)3689 飲料1位・ドリンクで売上で38億リンギ、純利益2億5900万リンギでした。