フォーブス・アジア版 優良企業50社、日本企業は圏外

アメリカ経済誌フォーブス(アジア版)は、
アジア太平洋地域で「最も収益力が高い優良企業」50社を発表しました。
中国企業が23社で半数近くを占めた一方、
日本企業は2005年に発表を始めて以来初めて圏内に1社も入りませんでした。

中国 23社
韓国 8社
インド 7社
オーストラリア 3社
インドネシア  2社   
タイ 2社
香港 1社    
マレーシア 1社
フィリピン 1社    
シンガポール 1社   
台湾 1社

タイでは2社がランクインしています。
28位 CPオール(CPALL)  CP ALL Co.,Ltd      
コンビニエンスストア事業

37位  PTTケミカル(PTTCH)PTT Chemical Co.,Ltd.   
石油化学事業

インドネシアでも2社がランクインしています。
9位 バンク・セントラル・アジア(BBCA)
Bank Central Asia 銀行大手3位

30位 アダロ・エナジー(ADRO)
Adaro Energy 石炭採掘2位

マレーシアでは1社ランクインしています。
16位 アクシアタ・グループ(AXATA) Axiata Group
国際通信・携帯電話事業