タイの損害保険大手ムアンタイ損害保険、2015年度も自動車保険の加入者増を狙う

タイの損害保険大手ムアンタイ損害保険
Muang Thai Insurance(MTI)では、自動車損害保険の
重要性を認識しつつ、2015年度も自動車保険の加入者増を狙います。
MTI社の損害保険総収入のうち、自動車損害保険の割合は49%です。
自動車保険クレーム受付サービスとしてスマートフォン、
タブレットなどから受けるサービスも導入しています。

今後の計画としてバンコク以外の地方、郊外の自動車ディーラー
とのチャンネル構築を進めます。
また、ヨーロッパ高級ブランドの取り扱いディーラーにも
ネットワークを広げ、14年度は自動車損害保険で6位の地位まで
上昇しました。

初年度収入保険契約額では同社は102億バーツで第4位と
なっています。
第3位はバンコク損害保険Bangkok Insuranceが控えます。

2014年度の同社の業績は売上で56億5900万バーツ、
純利益では8億5600万バーツになっています。
純利益は+10.9%増でした。
ムアンタイ損害保険はカシコーン銀行系保険企業で、
同社の金融商品販売チャネルは銀行窓口販売がメインに
なっています。