タイの工業団地開発のヘマラートランドの14年度の業績は低調

ヘマラートランド・デベロップメント
Hemaraj Land & Development(HEMRAJ)の2014年度の業績は
売上で82億3300万バーツで、純利益では29億6000万バーツでした。
第4四半期の業績は純利益では5億700万バーツで、
売上ではBt30億1200万バーツでした。

HEMRAJ社では14年度の配当を実施していない状態で、背景には
WHA社からの株式購入が完了していないためとしています。
14年を通じて工業団地向け不動産販売が低調であり、
同様に貸工場レンタルの収益も下がりました。
13年度は2318ライ(1ライ=1600平米)
販売できましたが1254ライまで大きく下がりました。

同社は最近、Bo Win Clean Energy SSPを購入。
16年度以降の開業になります。
また倉庫業大手のWHAコーポレーション(WHA)の
ヘマラート社購入が成功すればヘマラート株主に向けて
大きな配当を出せるとしています。

ヘマラート社は東南部のチョンブリ県、ラヨーン県、
タイ中部のサラブリ県などで工業団地を展開していて、
保有工業団地は全6カ所。
うち5カ所はマプタプット港からレムチャバン港までの
ルートを確保できる工業団地を運営しています。