タイ国際航空の2014年度の業績を発表

タイのフラッグ・キャリアあるタイ国際航空(THAI)では
2014年の業績を発表しています。
2014年度の業績は売上で1906億バーツ、
純利益ではマイナスの-156億バーツでした。
2012年度に60億バーツの黒字を出したことがあるものの
11年、13年、14年度はすべて赤字になっています。

同社は国内LCCや国際線でも競争にさらされ、
利益が出せず赤字が続いています。
バランスシート上の総資産は3072億バーツ、
その中の負債は2659億バーツまで膨らみました。
同社では2015年5月まで続いたバンコクのデモ、クーデターなどで
外国人観光旅行者の減少を理由としています。
そのため保有している機材の売却を決定していて、保有する
航空機の14機体の売却を行うとしています。

競合となるLCCの各社の業績は以下のようになっています。
バンコク・エアウェイズ(BA)売上225億6100万バーツ、
純利益では3億5100万バーツ。
エアアジア・タイランドを運営するアジア・アビエーション(AAV)
売上262億7500万バーツ、純利益1億8300万バーツ(増収減益)
ノックエアー(NOK)売上123億1200万バーツ 
純利益マイナス4億7100万バーツ(増収減益)