インドネシア国内の航空会社

4つのインドネシア国内航空会社
Batik Air”バティックエアー”
Nam Air”ナムエアー” 
Kartika Airlines ”カルティカエアライン”
Jatayu Air”ジャタユエアー”-は、
2013年から商業運航開始すると発表しています。

これによりさらに顧客の航空会社選択幅が広がると見ています。
インドネシア輸送省の航空産業部門 ダイレクターDjoko Murjatmodjo氏は
航空事業許可とAOC [Air Operator Certificates]のプロセスを進んでいる
状況であるとしています。

Batik Air社はインドネシア国営LCCのLion Air”ライオンエアー”の子会社で、
66のインドネシア国内地域のフライトと、20の国際線フライトの認可を得ています。

Nam Air社は民間航空会社のSriwijaya Airの子会社でガルーダインドネシア航空
(インドネシアのフラッグ・キャリア)、
ライオンエアーに次ぐ第3の大きさを誇る航空会社になります。
機体としてブラジルメーカーEmbraer 190sを20機保有しています。

Kartika Airlines社はロシア製のSukhoi Superjet 100sを保有。
Jatayu Air 社はBoeing 737sを運営する計画です。

2011年度は合計で1億3,910万人がインドネシアの航空会社を利用しました。
前年比で+27.5%増でした。
2012年度は予測で1億4,500万人がインドネシアの航空会社を利用するだろうと
見ています。
2013年度はさらに+15%以上上がる見通しです。