インドネシア証券取引所のIPO上場数目標は

インドネシア証券取引所のIPO上場数目標を第1四半期で2社のみ
だったにも関わらず、2015年年末までに加速させるとしています。
インドネシア証券取引所(IDX)のプレジデントのIto Warsito氏は
上場候補先の企業は14年度の決算の監査待ちであるとしていて、
32社のIPO候補があるとしています。

15年度上場済みなのは金融機関のバンク・ユダ・バクティ
Bank Yudha Bakti(BBYB)が3億株を放出し、586億ルピアを調達。
同銀行は商業銀行で1989年設立。
親会社はPT Gozco Capitalになります。
2014年度の業績は純利益110億5520万ルピアで、
総資産は2兆3045億ルピアです。

また、病院経営のミトラ・クルアガ・カヤセハット
Mitra Keluarga Karyasehat(MIKA)が4兆4500億ルピアを
調達しています。
同病院は1993年設立でRumah Sakit Mitra Keluargaブランドの
病院を展開。
一般病院、研究施設、緊急外来、医薬品、集中治療室などを
保有しています。
2014年度の業績は売上で1兆4673億ルピア、
純利益では3934億ルピアとしています。

同証券所では第2四半期と第3四半期に多く上場する企業があると
していますが、経済の状況などを見て厳しい状況であると見る
アナリストもいます。
14年度は合計で24社がインドネシア証券取引所(IDX)に新規上場、
IPOを実施しました。