タイのクレジットカード大手のクルンタイカードの第1四半期業績

クレジットカード大手のクルンタイカードKrungthai Card
(KTC)では、民間セクターの消費額の回復を確信していると
しています。
同社の第1四半期では売上で25億6200万バーツ、
純利益では5億7400万バーツで前期比増収増益となっています。

第1四半期ではKTC社はクレジットカード使用額は前年比11%増で、
業界平均の8%増よりも多い金額で増えているとしています。
同社総資産は7%増加し525億バーツとなりました。

同社会員数は11%増で250万件となり、184万件がクレジットカード口座、
70万件が個人ローン口座となります。
不良債権率は2.4%となっています。

同社の2015年の売上目標は10~15%増になるとしています。
顧客獲得はバンコク首都圏から郊外を目指すとしていて、
2014年度の業績は売上で75億1050万バーツ、
純利益では17億5500万バーツでした。