タイ国際航空(THAI)

タイのフラッグ・キャリアであるタイ国際航空
Thai Airways International(THAI) では
2012年度の純利益が7億バーツを超える見通しを発表しています。
しかし一方で航空業界として燃料費高騰や為替の問題、景気の先行きなど
不安要素があることを挙げています。

2011年度の業績では100億バーツの損失を出していました。
売上で1945億2500万バーツ、純利益ではマイナスのー101億9600万バーツでした。

タイ国際航空(THAI)の代表取締役Sorajak Kasemsuvan氏は
2012年度の業績も良く、9月までの業績は売上で1557億6100万バーツ、
純利益では38億6800万バーツでした。

タイへの観光旅行者も大幅回復しており、
2013年度の展望も明るいだろうとコメントしています。
THAIの搭乗率は平均76%で 目標値の75%よりも上昇していて
第4四半期は観光シーズンでもあり、よりよい業績が期待できるとしています。

年末年始に掛けて26機の新型機体が導入予定でニューイヤーシーズンに向けて
より顧客を獲得できるとしています。