タイ プルックサーリアルエステイト(PS)

タイの低級、中間層向け一戸建て、タウンハウス建設を手掛けるプルックサー
リアルエステイト(PS)ではCEOのThongma Vijitpongpun氏がバンコク郊外
の開発は新規の住宅開発も進むこととなり2013年度以降加速化するだろうと
しています。

またバンコクよりかなり離れた地方の衛星都市、
ソンクラーSongkhla, プーケットPhuket, スラタニSuratThani
チョンブリChon Buri, ナコンラチャシマNakhon Ratchasima, サラブリSaraburi,
コンケーンKhon Kaen, チェンマイChiang Mai, ピサヌロークPhitsanulok
ナコンサワンNakhon Sawanなども今後開発が進み、インフラが整ってくるだろうと
見ています。

PS社の2013年度の計画では住宅開発の50%がコンドミニアム、一戸建ては25%、
タウンハウス開発は20%にする計画です。
新規開発の合計額は7200億バーツ以上になる見通しで3200億バーツはバンコク郊外の
エリア、1400億バーツはチョンブリ、パタヤなどの東南部エリアになります。

ただし最低賃金が上昇することもあり、平均の建設コストは7%増になるとしています。
不動産市場の規模拡大は2017年まで継続して成長し7つの新規大量輸送機関の
誕生により影響が良い方向へ向かうとしています。